Arduino Due について

Arduino Due の仕様は、他のボードとは少し違う点があります。

ハードウェアの注意点については、今年発売されたArduino Zeroとも共通する問題です。

・開発ツールのバージョン
・Dueの動作電圧


開発ツールのバージョンは 1.5以降を使用します。これ以降のバージョンでなければプログラムを書くことができません。それ以前に、USBポートにつないだDueを認識しないはずです。


Due との接続は Micro-B USBケーブルを使います。USBポートから電源を供給しプログラムすることができます。

二つのUSBポートが備わっていますが、通常は、USBケーブルをDC電源コネクタに近いほうのプログラミング・ポートにつなぎます。

開発ツールのメニューで、Tools > Board から Arduino Due (Programming port)を選びます。
Menue Specifying Arduino board.gif

さらに、Tools > Port から認識した Due のポートを選びます。

ツールのメニューは環境設定で日本語化できます。

以上の設定を正しく行わないと、プログラムを書くことができません。

Due のI/Oポートと外部信号を接続するときは、電圧の問題があります。
チップの動作電圧は 3.3Vです。
別の記事で解説します。